コメ兵のフリマアプリは鑑定付き!メルカリとどっちがおすすめ?

ブランド買取で人気のコメ兵さんが、フリマアプリを発表!

フリマアプリといえば、メルカリが独走態勢ですが、楽天などもいろいろ仕掛けてきて注目のジャンル!

そこにブランド買取のコメ兵が満を持して参入!

コメ兵さんのアプリ名は「KANTE(カンテ)」。

カンテの最大の特徴は鑑定機能。

フリマアプリでは、ブランド品がホントに本物か?ってのはよくわからなかったりしますよね。

ですが、カンテでは、購入者が、売買が成立する時に一度コメ兵に商品を送って鑑定しもらってから届けてもらうという仕組みを選ぶことができます。

もちろん、鑑定結果で本物と判断されなかった場合は、キャンセルできちゃうわけですね。

確かに、偽物を掴まされないという意味では、いいんですが、いろいろと手数料的なものもあって、どれだけメリットがあるか?利用するか?というのが微妙ですね。

 

あと、売り手にとっては、出品から一定期間の間売れ残った場合は、コメ兵が買い取るという選択肢もあるそうです。

これは、けっこう売り手側としてはありがたい仕組みかもしれませんね。

売れないものを持ち続けるよりも、買取をしてもらえた方がありがたいですからね。

 

 

ただ、メルカリもすでにブランド品の売買に特化した姉妹アプリの「メルカリ メゾンズ」をすでにでしているので、コメ兵をわざわざ選ぶメリットがもう少しあった方がいいような気もしますけどね。

だって、メルカリ メゾンズだとバッグや財布の画像を投稿したら、ブランド名やシリーズ名を自動で特定する機能があて、出品するときの手間もかからないので、使いやすいんですよね。

しかも、今の市場の相場と照らし合わせ、売れやすそうな価格も表示してくれるんですよ。

コレからのフリマアプリの進化、ますます楽しみですね。