着ない洋服の寄付、買取店でもできるのを知ってますか?

スポンサードリンク

着ない洋服の処分方法として、寄付!という方法もあるということを以前紹介しました。

いらなくなった服は売る?寄付?どうする処分の方法

買取してもらえない服を寄付してみる

特に、買取価格がつかないような洋服は、思い切って寄付してみるのもいいですよね。

洋服を寄付するのに、「自分が着てた服だから他の人に着せるのは申し訳ない!」って人もいるって話を聞いたことがありますが、寄付ってみんなにとってメリットがあることなんですよね。

わたしたちにしてみれば、着ない洋服を寄付して押し入れやクローゼットなどを断捨離できるし、着る服にも困っている地域の人たちにとっては、ありがたい贈り物。

慈善団体の人たちも、ボランティアで働いているわけですが、やっぱり喜ばれた時の充実感ってのもきっとあると思います。

 

私たちの立場からすると、自分の部屋や収納がキレイになった!など、ちょっと動機が不純なイメージですが、でも寄付をするというのは誰かの役にたっていることなので、着ない服だからといって後ろめたい気持ちになる必要はありません。

ちなみに、寄付といえば、ネット上でクリックするだけで募金ができるという方法もあるんですよ。
例えばコチラ↓

http://www.dff.jp/ (クリックで救える命があるsumabo)

 

お金がないと寄付ってできないイメージがわたしにはあったのですが、着ない服を寄付することでも、クリックするだけでも役にたてるなら、わたしにもすぐにできそう!と思って、クリック募金は気が付いたときにはするようにしています。

ちょっと怪しい感じだけど、お金がないから寄付できない!ってときに、こういうクリック募金とか服の寄付を前向きな気持ちでやると、脳がそういう余裕のある人間なんだ!って思って、余裕のある人間になるように富をもたらせてくれる!んだそうですよ。

まぁ、信じるか信じないかはあなた次第!的な話ですけどね。

 

それはさておき、着ない洋服の寄付ですが、慈善団体だけじゃなくて買取サービスでもおこなうことができるんですよ。

買取サービスで査定してもらったけど、残念ながら買取不可だった場合、基本的には返送などしてもらうのですが、買取店によっては引き取って処分をしてくれるところがあります。

買取店では、そういう買取価格がつかない服を引き取った場合、慈善団体などに寄付しているんです。

だから、慈善団体に直接持ち込みむのはなんとなく申し訳ない!って方も、買取店経由であれば、気持ちも楽かもしれないのでおすすめですよ!

ブランディアでは無料査定実施中!
送料・査定料・キャンセル料すべて無料でお取り引きも!

詳しくは↓

ブランディア 公式サイトはコチラ

衣類寄付受付サービスって?

古着の買取店によっては、↑で紹介したようにブランディアみたいな、買取してもらおうとしたけど買取価格がつかない時に、送り返してもらうのも面倒なので、そのまま引き取りしてもらって寄付する!という方法もあるのですが、最初から寄付目的で着なくなった洋服を送る!という方法もあります。

衣類寄付受付を専門で受け付けている買取店というのがあります。

古着衛門↓って買取店もその一つ!

 

古着衛門は、リユースやリサイクルをメインにして洋服などの買取をしているのですが、さらには寄付の受付もしているということで着ない服、捨てようと思っていた服を寄付したい人の間で人気になっています。

古着衛門では、身に着けるもの、身に着ける使用するうえで支障がないような衣類などであれば寄付が可能で、仮に使用感のあるようなかなりくたびれたような衣類や買取店では買取してもらえないノーブランドの衣類なども寄付を受けつけています。

寄付をした服などは、海外に送られたり、国内でもリユースやリサイクルとして使用されたり、寄付された衣類の重さ1kgあたり5円換算で、ウルトラマン基金にお金を代わりに寄付してもらうことになります。

ウルトラマン基金は、名前のとおり円谷プロがつくった基金!
ウルトラマン基金 公式サイト

ただ単に服を送るだけじゃなくて、寄付金にもなって社会貢献もできるので、捨てるよりは気持ち的にもすがすがしい気分になれそうですね。

古着衛門って買取店を利用すれば、着古したユニクロなどファストファッションブランドの服やノーブランドの服なども寄付という形で処分できるのですが、一つだけ注意しておかないといけないことがあります。

それは、寄付する服を送る場合、送料はコチラが払うということ。

着払いでのうけつけはしていないので、そこだけは注意をしておきましょう!

スポンサードリンク