冬物の冬服を買取してもらうなら高く売れるのはいつ?

冬物の服、古着などを買い取りしてもらうのに高く売るには売り時はいつがいいのか?ということを知りたい方の参考になる情報を紹介します。

冬物の洋服、コート、ダウン、セーターなどニット類は、1年中いつも同じ買取価格というわけではありません。

時期によって冬物の服の買取価格には差がでます。

冬物の服、買取価格が高いのはいつ?

冬物の服の代表といえば、やっぱりコート。今ならダウンコートやダウンベストなんかもそうですね。

そんな冬服の買取価格が高いのはいつか?というと、イメージ的には冬!って思っている人も多いと思います。

ですが、実際には、冬のオンシーズンに入る少し前に売るのが、冬服を高く売るポイントです。

これは、冬物の冬服に限ったことではないのですが、その服が必要になる少し間に売るというのが高く売る上では重要です。

冬物のコートやセーターなどであれば、秋の終わりくらいに売るのが高く売るコツ。

 

品ぞろえが揃う前に売ると高く売れやすい!

宅配買取やリサイクルショップなどは、基本的に私たちから買い取りした冬服などを冬のオンシーズンにリセールするわけなんですが、冬に入ったらその冬物の洋服がきっちりと品ぞろえがそろっていないと売り逃しにつながります。

なので、冬になる前までに冬物の洋服、古着などを幅広く取り揃えておきたいわけです。

そのため、秋の終わりが近づくころには商品を確保しておきたいので、多少買取価格を高くするなどして冬服アイテムを取り揃えます。

なので、冬物の洋服、古着などを高く売りたいなら、秋に売るのがおすすめ。

 

冬が終わる前に冬服は売る

でも、普通冬物の服を売るのって、冬が終わって着ることがなくなったときに売る人の方が多いと思います。

確かにその通りで、わたしも冬が終わってもう来年は着ないだろうなぁ~なんてニットやコートなどを買取してもらっていたのですが、思ったよりも買取価格が安いのでがっかりした経験があります。

冬物の買取相場としては、冬が終わってしまった後よりも、冬の間に売る方が査定額としては段違いの差になります。

冬物の服の買取は、遅くても冬の間に売るのが高く売るコツ。

冬が終わってからだと、冬服を売りたい!という人も増えるので商品がダブつきます。
売る人が増えれば、その分買取価格も安くなっていくし、それに買取店も冬服は来年までほとんど売れないので、冬が終わってからでは買取したがりません。

なので、冬が終わった後で冬物の服を買い取りしてもらうのは、売る側の私たちにとっては不利になることを覚えておきましょう!