アルマーニの制服、卒業後は買取価格って高い?売れる?

アルマーニ制服の問題が話題になっていますね。

銀座の泰明小学校でしたっけ?そこの校長先生が、服育!ということ、銀座にある小学校ってことで、アルマーニの制服を導入することを決めたらしいですよね。

いろいろ問題や意見はあるんでしょうが、個人的にはそのアルマーニの制服が6年間着続けられるなら、まぁ、コスパはいいのかな?と思うけど、6年間の間に子供はどんどん成長するし、1年生の時に買った制服は6年生の卒業まで着る!なんてことは無理。

となると、何回かは買いなおさないといけないんですよね?

ちょっと詳しいことは分からないけど。。。

サイズが合わなくなったアルマーニ制服は買取してもらえる?

入学時に買った制服も、成長の早い子供だと、1年、2年で着れなくなっちゃうと思います。

となると、その制服どうする?ってことも気になりますよね。

でも、子供の小学校の制服といえどもアルマーニ!

あの高級ブランドのアルマーニ。

となると、高く買取してくれるところがあれば、ありがたいですけどね。

ただ、学生服っていうのは、買取になるとあまりニーズがないので、買取不可の買取店が多いんですよね。

まぁ、価格も価格だし、新規で購入するのはキツイ!って思っている方が譲ってほしい!というケースもあるかもしれませんね。

今後、銀座の泰明小学校に通う!という親御さんとかなら、あげる!といっても「いやいやいくらか支払います!」ってことになりそう。

 

あとは、メルカリなどフリマアプリですかね?

フリマアプリで、これから泰明小学校に入学する!って人が買ってくれる可能性も十分ありますね。

 

アルマーニ制服を売るときの問題点

アルマーニ制服を売るときに、お下がりみたいに代々受け継がれていくようなことができれば一番いいのかもしれませんが、一つだけきになるというか、問題点かも?っていうのが、この泰明小学校の校長先生の考え!

テレビで見たんですが、服育とか「子どもたちが高価な物を扱えば、所作もよくなる」という考え方なので、場合によっては毎年デザインが変わる可能性もありますね。

だって、ファッションって、その年ごとにトレンドって変わるわけだから、服育を標ぼうした以上は、そういったこともふくんでいる可能性はありますよね。

そうなると、お下がり的な感じでは代々着まわしていくことができないので、ちょっと厳しいですね。