私の何がいけないの リサイクルショップ

私の何がいけないのというテレビ番組でリサイクルショップなどで、家にある不用品、着ない洋服、使わないブランドバッグなどを買取してもらうという企画を放送していました。

番組内では、着物の買取とか絵画の買取なんかも紹介していましたが、やっぱり気になったのは、元宝塚のトップスターで、最近バラエティー番組などによく出演している紫吹淳さんのブランド品の買取。
紫吹淳さん、やっぱりすごいですね。

ブランド品などが所狭しと置いてあって、それを査定してもらっていました。
番組内では、紫吹淳サンの購入時、総額3000万円相当のブランドの洋服やバッグなどが査定されて、買取した場合、107万円くらいになってショックを受けていらっしゃいましたね。

紫吹淳さんの場合は、ブランドの洋服などのタグを取り外していて、それが査定額に大きく響いたようです。
洋服の買取などの場合、ブランドのタグが無いと偽物の可能性もあるということで、値がつかなくなってしまうことがけっこうあるんですよね。
ブランド専門の宅配買取店などの場合は、その業者さんによって分かれるのですが、リサイクルショップの場合は、ブランドのタグで査定をしているので、どうしても査定額が安くなったり、値がつかないということになります。

やっぱり、高い値がつきやすいのは、ブランドバッグ!中でもルイヴィトンは別格ですね。
ルイヴィトンのモノグラムは最近中国人の方たちに物凄い人気で、けっこう高値で買取してもらえるみたいです。
売るなら、今ですね!

あとは、意外と高値がつきやすいのがネクタイとサングラスなどの小物。
ネクタイは、無難な定番のモノの方が高く買取してもらえるそうで、最高で2万円くらいまで値がつくこともあるそうです。
また、サングラスも5000円から10000円くらいの買取価格になるそうですが、サングラスの場合は、ブランド物である証拠となるような付属品がなくても、そこそこの買取価格になるみたいです。
サングラスも、古いからといって諦めず、査定するだけしてもらう方が良さそうですね。

やっぱり、リサイクルショップの場合、どうしても査定する人もマニュアル化というか、真贋など目利きがわかる人とはいえないこともあるので、ブランド品を売る場合は、やっぱり専門の鑑定士などがいるブランド買取専門店にお願いする方がいいですね。
その方が、リサイクルショップよりも高値がつくケースも多いですからね。

ブランド買取で高値と口コミでも評判!
▼ ▼ ▼ 気になる買取実績はコチラ ▼ ▼ ▼

コメントを残す